米国在住のバイオ系エンジニアです。


by biotech_boston2

カテゴリ:旅行( 2 )

バイオ業界の皆さん、ヨーロッパからこんにちは。今、仕事でプラハ(Czech repub.)に来ています。

d0150012_026715.jpg

3ヶ月以上更新してなかったので、自分のIDとパスさえ忘れてしまっていました。
もはや誰もこのブログを見てる人はいないと思いますが、(いますか?)ブログは更新しなくなると殊更しなくなるものですね。

さて、オランダのアムステルダムで飛行機を乗り換えましたが、日本のパスポートを見るとみんな日本語で話しかけてきてくれました。
ボストン空港では、チェックインのときに5つか6つの文章、例えば預け荷物はいくつですか?
とか、目的地はどこですか?というのを日本語でどういうのか教えてと聞かれました。
知り合いからいくつか例文を教えてもらっていたらしいので、ほとんど合ってましたが。

しかし、「コンヤ、ヒマ?」というのもなにかに使えるの?と聞かれたので、それはスラングだから空港ではふさわしくないっす。と答えておきました。
皆さん、海外で変な日本語を吹き込まないようにしましょう。

d0150012_0235411.jpg

d0150012_030314.jpg
d0150012_0282376.jpg

宿泊してるホテル。なかなか良い感じです。
では、仕事に行ってきます。
[PR]
by biotech_boston2 | 2008-11-11 00:41 | 旅行
バイオ業界の皆さんこんにちは。
ブログを随分サボってしまいました。今日はバイオの話題から反れます。
週末を利用して、ボストン交響楽団を聴きにTanglewoodへ行ってきました。

プログラムはチャイコフスキーバイオリン協奏曲とコープランド交響曲3番。
事前に図書館でコープランドのCDを借りて10回ぐらい聞いたけど、映画音楽のようでどうもなじめなかったので、当日は聴かずに帰りました。

さて、バイオリン協奏曲は日本の宝「MIDORI」さんの登場です。
体つきが華奢ですが大げさなぐらいに体全体で演奏している感じでした。音が外れたところが2、3箇所ありましたが、第一楽章終了時に早くも大喝采。
第二と第三楽章の間は切れ目がほとんどないので拍手のスキがありませんでしたが最後もスタンディングで喝采を受けてました。
第一楽章が特に、いい演奏だったと思います。演奏会開始前の夕立のせいで、開場は湿気があり、たまに冷風が頬をなぞります。そのためか音の伝わりが少し悪かったような気がします。芝生席ではほとんど生の音は聞き取れなかったかもしれません。

隣の壮年ご夫婦は年に一回はバークシャーに滞在してこうして音楽会を聞きにくるとのこと。金曜土曜日曜と3日連続でチケットを取ったといっていました。
彼らは、前日演奏されたマーラーを絶賛していました。反対の隣の人が風邪をひいているのかたまに咳がでて少し気になりました。
結局、片道2.5時間、演奏1.5時間、帰り2.5時間で、ボストンからは約7時間半の小旅行でした。
[PR]
by biotech_boston2 | 2008-07-21 18:02 | 旅行