米国在住のバイオ系エンジニアです。


by biotech_boston2
バイオ業界の皆様こんにちは。

2日続けてくだけた話題だったので、今日はすこしマジメに。
Pharmaceutical Manufacturing Jan 2008 "The Prepared Mind"より。

1980年代までは製薬企業に勤めることは、理想的なキャリア形成が約束されていた。高い賃金、充実の福利厚生に加えて、ストックオプションを安価で得られることで、株価上昇の恩恵を受けることができた。しかし状況はここにきて変化してきている。

要因としては
1.特許切れやパイプライン枯渇による減収
2. 開発コストの上昇
3.グローバリゼーションによる競争激化 
があげられる。

これに対応するための今後の対策としては、
1.企業の再構築(リストラ)
2.リスク低減のための戦略
3.マーケティング変革 
が考えられる。

成長の余地のある6分野は以下の通り。

1. 休眠化合物の商業化
実験室の冷凍庫に眠っている化合物、あるいは申請にまでいたらなかった化合物、これまでと別の評価方法でみると違った適応が考えられる。

2. バイオジェネリック / Biosimilar
今日では新規化合物の25%がバイオ。ここ数年で主要なバイオ製品の特許切れが予定されている。

3. R&D効率化
膨張する研究コストとリスクに対応するため、研究の初期段階で薬になりにくい候補、毒性が強すぎる候補をふるい落とす方法の開発が待たれる。

4. 腫瘍・中枢神経系のR&D
米国人の高齢化にともない、アルツハイマー/認知症あるいは癌への注目が集まる。

5. 層別化医薬、診断薬
個の医療までは行かないが、診断薬を通してある程度症状を層別化して処方される医薬。すでにGleevecやHerceptinなどで始まっている。

6. 医薬品と消費財の融合
ペットフードや歯磨きなどから健康に有害な成分が検出されるというニュースがありました。こうした一般消費財の製造業者が、品質管理が徹底された医薬品業界からの人材を求めるようになる。

さて、これらの有望分野に対して米医薬品業界でキャリアを形成したい個人としてはどんなスキルが必要なのか?

後編へつづく。
[PR]
# by biotech_boston2 | 2008-02-07 13:31 | 米国バイオ業界

引越し

バイオ業界の皆様、こんにちは。

今の会社は社員数100-200名規模で身軽なため、頻繁に引越しが行われます。背景としてはボストン中心部、Cambridge地区は家賃の高騰によりラボスペースの確保が困難であることが考えられます。

というわけで今回は私が入社してから3回目の引越しです。以前A-POTさんのところでもラボの引越しの話が出ていましたが、、これまで使っていた場所の片付けは殆どの人間にとって苦痛です。

今回はアドミニの人が知恵をしぼって、GINGO(っていうんでしたっけ)を色々なところに忍ばせておいて、それを多く見つけたチームが優勝というゲームをすることになりました。そして、もちろん終わったあとは会社から軽食とビールが。。。いまいち、仕事にならなかったような一日でした。次回の引越しもすでに予定されています。今度はボストン郊外なので、Genetown mapから削除されてしまうかも。
d0150012_1256811.jpg

[PR]
# by biotech_boston2 | 2008-02-06 12:58 | 会社での出来事

ペイトリオッツ

バイオ業界の皆様、こんにちは。

野球のボストンレッドソックスに続いて、アメフトのニューイングランドペイトリオッツも全米一になるか、とボストニアンの注目を集めていたスーパーボールでしたが、ゲーム終了30秒前に逆転を許し残念ながら優勝を逃してしまいましたね。ここでの熱狂振りは別のブログを見ていただくとして、今日は会社での関連イベントをご紹介。

まず、春先の野球開幕シーズンはレッドソックスパーティ、そして冬はペイトリオッツがんばれイベントがあります。内容的には、チームにまつわる衣装をきて、チームにまつわるクイズを解き、チーム関連賞品が当たるビンゴでたのしく騒ぐ、といったものです。これは秋のハロウィンパーティでも同じことです。

定例の会議の時間もそのイベントにあわせて調整、みんないそいそと参加します。日本だと鬼部長あたりが、「遊んでばかりいないできちんと仕事せんかい!」となりますが、ここではそうはなりませんね。なにしろ、シニアディレクターがユニフォームを着て司会をしているんですから。d0150012_1335465.jpg
[PR]
# by biotech_boston2 | 2008-02-05 12:36 | 会社での出来事

Pharma Stocks in 2007

バイオ業界のみなさん、こんにちは。(誰も見てないか・・)

日本では日経バイオでバイオ番付が発表されました。
アメリカでも2007年株価で振り返るバイオテック比較が紹介されていました。(Contract Pharma1.2月号より。)2007年末の株価が2006年に比べてどれだけ増減したかというと、、、

Amgen -32%
Genentech -17%
Gilead -29%
Novo Nordisk -17%
Biogen Idec +16%
Genzyme +21%
Millennium +37%
Imclone +61%

などとなっています。

最初の3つはカリフォルニア、最後の4つはボストンはじめとする東海岸。どうやら2007年は東西で明暗が分かれた年だったようです。
[PR]
# by biotech_boston2 | 2008-02-04 04:27 | 米国バイオ業界

Lonza わが世の春を謳歌

ロンザの2007年の利益が当初の見込みを超えたことを発表
また、サノファイとの間で、次の10年をにらんで技術革新のための提携したことを明らかにしました。バイオ製薬に集中したのが効を奏したことがうかがえます。

わたしもロンザとのプロジェクトに一部携わっていますが、ドキュメント類の充実に感心します。もちろん数多くのプロジェクトを同じフォーマットで行っているので彼らにとっては投資する価値のある部分ではありますが、個々のディベロッパー(とくに私のような中小規模のバイオテク)にとってはなかなか整備しにくいところです。

また、各種試験、エンドトキシンが例に出ていますが、の一元化が会社の価値をさらに上げると思います。製造業全般でアジアへのオフショアがはやりですが、バイオ製薬に限っていえば、まだまだ中国には真似できないでしょうね。
[PR]
# by biotech_boston2 | 2008-01-25 10:40