米国在住のバイオ系エンジニアです。


by biotech_boston2

タグ:バイオ業界 ( 2 ) タグの人気記事

バイオ業界の皆さん、こんにちは。

ボストン地区、とくにケンブリッジ市は多くのバイオテク企業を擁するバイオクラスターとして機能しています。近年、家賃の高騰により、より広いスペースを求めて郊外へ引っ越す企業が相次いでいるという話です。

MIT(マサチューセッツ工科大学)が規模拡張のため、学生寮などを拡張していることもオフィス需要逼迫に拍車をかけているようです。しかし一方で、記事にもあるようにケンブリッジにあることが先端バイオテクの証、というステレオタイプもまだ存在することは確かです。

また、郊外へ引っ越すと、従業員がそれを嫌がってごっそり離職してしまうという話も聞いたことがあります。東京で言えば、港区から新百合ヶ丘に引っ越すイメージでしょうか。
私はとくにボストン中心部にこだわっていないので、どんどん郊外へ出て行ってもいいと思っています。
[PR]
by biotech_boston2 | 2008-03-06 17:57 | 米国バイオ業界
バイオ業界の皆様、こんにちは。

キャリアに関して、普段感じていることを書きたいと思います。

まずは、この動画(数十秒)をごらんください。

これは2002年サッカーワールドカップ本選 日本対ベルギーの得点シーンです。鈴木選手が貴重な初得点を日本にもたらしたのでご記憶の方も多いかもしれません。鈴木選手はこの得点により、自らの存在を世界にアピールすることに成功、翌年ヨーロッパのチームから声がかかることになります。

はっきり言って、エレガントなゴールではなく、とにかく執念で押し込んだ、というかとりあえず足に当てとけばもしかしたらという感じの得点ですね。「そこにいたら僕でもとれたよ」というサッカー少年がいてもおかしくありません。

(なお鈴木選手に関してはいろいろ伝説があるらしくここ
ここで詳しく解説されてます)

さて、職場においては、魅力的な仕事、皆が取り組みたいと思う課題は、その分野に精通したと周りから認められているかどうかという尺度で(あるいは日本の企業では年功序列でも)割り振られます。そして精通の度合いは経験があるかどうかに左右されます。つまり要約すると、

経験する→精通する→任命される→経験する 

という循環ができあがります。個人のキャリアとしては、この循環に入れるかどうかが重要です。
位置取りを重視したいと考えたのは、「任命される」状況を作りやすくすることにつながるからです。司令塔の中田からボールのもらいやすいところに走る、中盤の小野からパスのもらいやすい位置、得点に結びつきやすい位置を目指して自分が飛び出していくことが、身体能力を鍛えたり、キック力を増強するのと同様に意識されるべきです。

職場に置き換えると、一番アサインされやすい場所に自らの身を移すことです。その場所にいることです。もし年功序列でそれが5年-10年待ちを強いられることがわかっているのなら、転職も視野に入れるのが当然でしょう。

過激な評論でおなじみ、分裂勘違い氏のブログの中でも「近道を探す努力」という内容のことを論じていますがこれも、自分がどこにいるかを常に意識せよというメッセージと受け取りました。

もちろん任命されたからには、ベストを尽くしてこの循環は途切れないよう努力しなければなりません。もっとも成功したか、失敗したかは、人によって評価がかなり分かれるので気にしなくていいのかもしれません。むしろ、自分がその経験から、どれだけ学んだかにフォーカスしていいと思います。それに関してはまた後日機会をみて議論したいと思っています。
[PR]
by biotech_boston2 | 2008-02-11 13:21 | 米国バイオ業界